<< 「派遣村」、201人が所在不明... <性同一性障害>妻が人工授精で... >>

09年外国人入国者17%減=不況、円高、新型インフル原因−法務省(時事通信)

 法務省は12日、2009年に日本に入国した外国人が前年比で17.1%減少し、約758万人(速報値)になったと発表した。同省は、世界的な不況や円高、新型インフルエンザ流行などが重なったことが原因とみている。
 外国人入国者数は07年に915万人を突破し、過去最高を記録。08年もほぼ同水準の914万人台だった。政府は09年、観光ビザ(査証)発給要件の一部緩和などで観光客誘致に努めたが、入国者数は前年を約156万人下回り、減少率は1950年に統計を取り始めて以来2番目の大きさとなった。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
新型インフル本を自主回収=「事実確認が不十分」
ワクチン接種との関係調査へ=新型インフル、重い持病の死者
国民8人に1人が受診=新型インフル、重症化率横ばい

とげぬき地蔵
y2r6hxqfのブログ
クレジットカード現金化
自己破産
競馬サイト
[PR]
by izf5af5zaa | 2010-01-14 10:21
<< 「派遣村」、201人が所在不明... <性同一性障害>妻が人工授精で... >>